ルミガン

まつ毛育毛剤ルミガンの効果と副作用について解説

投稿日:18/02/2017 更新日:

今有名になって来た夜塗るだけでまつ毛が濃く長くなるとルミガンを使用した事はありますか?

まだ良く知られていないルミガンのその効果や副作用に付いて詳しく解説をしていきます。

「ルミガン」の効果や副作用を口コミも掲載しますので参考にしてください。

まつ毛育毛座ルミガン

まつ毛育毛剤ルミガン

最初にルミガン"について詳しく解説していきます!

まつ毛育毛剤ルミガンは、もともと緑内障の治療点眼薬を開発している間に偶然見つかった育毛剤です。

ルミガンを開発中に出た副作用としてのまつ毛育毛効果が見つかりました。

その結果ルミガンを使用しますと、まつ毛が長く・濃く・太くなることがわかり、世界で初めてのまつ毛育毛剤として発売になりました。

その後、FDA(アメリカの厚生労働省)にて認定され、製薬会社のアラガン社が行った臨床試験に寄りますと約80%の方にまつ毛の長さ・濃さ・太さともに効果があったと報告がされています。

まつ毛育毛座ルミガンの作用

ルミガンの有効成分のビマトプロストはまつ毛に塗ることで毛胞を刺激して、メラニンの生成を活発にさせまつ毛を太く長くします。

ルミガンの有効成分ビマトプロストの効果

  1. 毛周期における成長期の延長 → まつ毛の長さを伸ばす
  2. 休眠状態にある毛包の刺激 → まつ毛を太くする
  3. メラニン合成の活性化 → まつ毛をくっきり濃くする

ビマトプロストの以上のような効能により、まつ毛が長く・濃く・太くなります。

ですが、この効果を感じられるまでは、1日一回塗布で個人差はありますが約5ヶ月間は続ける必要があります。

まつ毛の状況によっては、効果を持続させるには、ルミガンを継続して使用する必要がある人もいます。

まつ毛育毛剤「ルミガン」の副作用は?

口コミでも多くあった、まつ毛育毛剤「ルミガン」の副作用。

いったいどんなものがあるのでしょうか。副作用をまとめました。

充血
色素沈着
かゆみ
多毛化

このようにいくつか副作用として報告されていますが、起こりやすい副作用である「充血」と「色素沈着」については後ほどさらに詳しく、対策もご紹介します。

敏感肌の人は、まぶたがかゆくなったり荒れてしまうケースもあるようなので、そのような症状を感じたら、すぐに使用を中止しましょう。

多毛化は、口コミにもあったように、まつ毛意外にも薬液が付着してしまったところから毛が生えるという副作用があるようです。

-ルミガン

Copyright© まつ毛育毛剤人気 | ルミガンの効果や使用方法を詳しく解説 , 2018 All Rights Reserved.